<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
大切な人が癌になってしまったら? 胃癌で大事な事は食べる事。その2

店長のメグミです。

 

2018年8月 私の最愛の夫は胃がんでこの世を去りました。

病気と向きあって生きて行く為の手助けになればと思い、私の体験談をお話します。

 

前回は食べる事は辛いけど、大事と言うお話をしましたが、

今回は、どんな食事だったかをご紹介します。

 

まず、術後一番最初の食事はこんな感じでした。

 

 

左下の白い器が重湯で全く米粒がないスープみたいなご飯

真ん中はくず湯

右のカップはリンゴジュース

ヨーグルト

 

このスープ三昧が、初日の夜ご飯でした。

 

この後、少しづつ量を増やしたり、スープから固形物を食べれる練習をするんです。

 

そして3日目になるとこんな感じです。

 

五分粥

クリームシチュー

コンソメ煮

モモ

ジョア

 

この頃になると、だいぶ固形物が増えてきて食べれるのが楽しみになってきました。

 

そしてここまでは量も回数も余裕でした。

 

これからが大変です。いよいよ普通食になり、回数も6回になります。

 

 

この日は、ちょうどひな祭りで特別食でした。

 

ちらし寿司

鯛の澄まし汁

春野菜の和え物

茶碗蒸し

ひなまつりゼリー

 

もうほぼ普通食です。食事を初めて約1週間目で退院2日前の食事です。

 

食事が3回におやつや軽食が3回 

おやつには、アイスやゼリーやビスコやマンナと色々なお菓子もありましたよ。

 

気を付けて食べれば、なんでも食べれるんです。

気を付け方は、ゆっくりとたくさん噛んで食べる事。

 

早食いの夫には、ゆっくり食べるのが大変みたいでしたね

でも胃と腸を直接つないである夫は、食べた物が胃には溜まらない=消化されないって事なんです。

消化されずに急速に腸に流れ込むとダンピング症状が出てしまうんです。

 

ダンピング症状は、動悸、冷汗、めまい、ひどいと失神したりします。

 

ゆっくり食べる事ができない食べ物で夫の大好物はラーメン

どうやってラーメンを食べるかが、このころの一番の話題でしたね。

 

下らない事だけど、結構本気で悩んでましたよ(;^_^A

 

だけど、想像以上に普通の生活が出来そうなので安心しました。

 

2019.08.24 Saturday *** 店長の経験談「人生平等じゃないんだよ」 / 13:31 / comments(0) / -


Infomation
 
Archives
Comments
Recommend
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search